ようこそ

大阪の下町 緑橋にあります大正時代の町家を改装した「燈-あかり」内「珈琲×麦酒 スタンド」の前店主が、今度は東心斎橋の2号店主に!お店のことや日常のことなど綴ります。

2009年10月22日木曜日

久しぶりの和歌山。

一時期、花山温泉(わたしのナンバーワン温泉)に通うほど行っていた和歌山。最近はちょっと遠のいていたので、久しぶりの和歌山市内。今回は、同じ泉質の割と新しい温泉があるとの情報を入手し、行ってみる。
その前に、ぶらくり町でスマートボール。200円で結構遊べた。
いつものように、橋のたもとで「和歌山ブルース」を聴く。

さて、いよいよ温泉。その名も「ふくろうの湯」。しかし、地図を見ながら探すも、見当たらない。近くまで来てるはずやのに、案内看板さえ見当たらない。どうなってんねん。
駅前で入手した、温泉案内のパンフレットをよく見ると、あるビルの地下となってる。ん?このビル?若者が集うファッションビル(笑)で、きっと和歌山では、いちばん栄えてるであろうビルの地下にあった。ふつう、温泉や銭湯は、めっちゃ目立つ看板や煙突があって、遠くからでもわかるはずやのに、なんかちょっと違う。そんなことは、さておき。
中は落ち着いたモダンな感じ。お湯も予想通り、よかった。源泉の浴槽のとこで、ずっと浸かってた。

次は、和歌山がんこ六三園。がんこのお屋敷シリーズのひとつ。京都につづいて2軒目。ため息ついてしまうお屋敷。こんなとこで食事なんて優雅。お屋敷シリーズ、制覇したい。





そして、ウワサの「和歌山ジャンジャン横丁」へ。こんなとこにもジャンジャン横丁があるなんて知らんかった。聞けば、新世界のジャンジャン横丁をまねて、ナント50年も前につくったのだそう。
小さな一角にちっちゃい店がひしめき合ってて、通路にはレンガのような石が敷き詰められてる。なかなかおもしろい。
そこで、発見したのはナント、ビールの店!ナギサビールの生がぁぁぁ!!!他にも、長野の地ビールやヒューガルデンもあるじゃぁないですか!しかも、大阪では考えられへん安さで!ナギサビール3杯にヒューガルデンまで飲んでしまった。
すっかりごきげんさんで、うどん屋さんにも寄り道。
なんとも楽しい一日でした!

0 件のコメント:

コメントを投稿