ようこそ

大阪の下町 緑橋にあります大正時代の町家を改装した「燈-あかり」内「珈琲×麦酒 スタンド」の前店主が、今度は東心斎橋の2号店主に!お店のことや日常のことなど綴ります。

2009年11月19日木曜日

帰って参りましたぁ〜!














行って来ました、大分。イイ湯に浸かって充実した毎日。
行きも帰りもフェリーとゆう、ゆったり旅で目指すは別府。早朝なのでドコも開いておらず、コンビニでおにぎりを買い竹瓦温泉。まずは、砂湯に入りいきなりスッキリ!そのまま湯布院へ。途中の山の景色に見とれつつ、バスに揺られること1時間。
レンタサイクルでチャリを借り、うろうろ。蕎麦を食べ、どぶろくを飲み、いろんな焼酎を買い、梅園温泉に浸かり、由布院美術館でちょっと不思議な空間に触れ、お洒落なカフェで美味しい珈琲を飲みました。
そしていよいよメインの鉄輪へ。もう、硫黄の香りとモクモク蒸気がたまらん。
いつもなお宿、陽光荘。早速、夕食の準備。それぞれ役割を決め料理にとりかかる。もちろん、全て蒸し料理。やっぱりウマイ!この日の最後にすぐそこの温泉へ。

2日目の朝は朝食作りから始まる。そして雨の中、明礬温泉へ。ホンマにエエお湯。思わず湯の花を買ってしまう。立て続けに次の温泉。ココの露天風呂は、ナント混浴。前回は入ったけど、今回は遠慮した。しかし、油断してたら男の姿がぁ!!!いろんな意味で、アドベンチャーな温泉。大分名物の「とり天うどん」を食べ、一旦陽光荘へもどり近所のすじ湯へ。
別府まで出て、ロックンロール♪みんなで飲みまくり、踊り狂った夜。楽しかったぁ〜!帰ったら、1時過ぎ!?鍵を閉められてたのはゆうまでもない…遅く帰ってゴメンナサイ;

3日目、「ごはんできたで〜」とゆう声で目が冷める。女子チームが熟睡中、男子チームが準備をしてくれた!お腹もいっぱいになったら、陽光荘をチェックアウト。鉄輪最後の温泉は、ひょうたん温泉。ここからはタクシーを借り切り、久住へ向かう。日本一の吊り橋を渡り、最後は秘湯「鶴の湯」。墓場の山道をひたすら登る。すると、煙が立ち込め硫黄の香り。さすが秘湯!ココは無料。しかも混浴!ここでも女子チームは遠慮して、男子チームの入浴を見学(笑)

なんとも楽しい旅でした。帰りのフェリーは、もちろん熟睡。

2 件のコメント:

  1. わ~!
    いいな~(≧▼≦)

    絶対楽しいよね!
    寒くなかった?

    私もそんな旅行・・・したいわぁ~・・・

    返信削除
  2. めっちゃサブかったで〜
    山のてっぺんに雪積もってたもん。

    たまには旅行もいいもんやね〜

    返信削除